うつ病は病院で改善可能~原因にチェックメイト~

看護師

心療内科が人気です

薬の服用で改善します

看護師

家族や結婚相手がうつ病になった場合、病気となった本人は病院に行きたがらないという事態になる場合があります。その理由としては、心療内科は敷居が高いというイメージや、心の病は風邪のように明確ではないため、病院に行くきっかけがわららないという点などが挙げられます。このように家族や結婚相手が病院に行きたがらない場合は、本人に変わって心療内科の医師に相談をするという手段があります。そして家族の症状を医師に相談してから、うつ病が疑わしいという判断を仰いだ後に、家族を説得して心療内科に通院させる方法が人気となっています。その他に近年は、心理系の書籍や広報誌の宣伝効果などによって心療内科のイメージは柔らかくて敷居が低いものとなっています。そのため、うつ病が疑われる家族などに対して、これらの書籍や広報誌を読ませて、心療内科へ通院する心理的な抵抗を無くす方法が人気となっています。その他の方法としては、最近はドラマや漫画などで、心療内科医がうつ病の治療を行う物語のものがあります。これらのドラマなどを教えることによって、心療内科に通院する心理的な抵抗をなくす方法も人気です。

カウンセリングによる治療

従来のうつ病の治療は、投薬治療が主流となっています。この場合、一度や二度の通院と投薬では完治しないことが一般的であり、長期的に根気よく通院する必要があります。そのため途中で挫折をして、病院に通わなくなってしまう患者も存在します。今後はこのような挫折をする患者を減らす試みとして、心療内科においてカウンセリングの充実が予測されます。患者の話に耳を傾けるカウンセラーを心療内科に配属させることによって、患者が楽しく通院が可能になると考えられます。そしてカウンセリングを行うためには、心理療法士や心理カウンセラーなどの資格を持った専門家が必要です。そのため今後は精神科医だけではなく、うつ患者の話に耳を傾けるカウンセラーの資格を持った専門家の数が増加すると予測されます。またこの場合のカウンセラーの役目としては、患者の話を聞くことも大切ですが、日常生活上の適切なアドバイスも行う事ができることが理想となります。なぜならうつ病の改善のためには、規則正しい生活を行うことが有効だからです。